アドバイザーさんのマンツーマン講座のお申し込みが増えてきてます♡

こんにちは♡

恋するアロマ
NARD JAPANインストラクター
アロマフランス認定クレイテラピスト
発酵マスター
腸美人コンシェルジュプロ

上田利花です。

ナードジャパンの講座も、そろそろ終盤になってきたクラスも出てきました♡

ナードジャパンアドバイザーコースでは、たくさんの事が学べるんですよ。

どんなことが学べるかというと、これだけ学べます♡

 

レッスン内容 (1レッスン:2時間×12回)
毎回レッスン毎に実習でクラフト作成を行いながら、自宅でアロマテラピーのある生活を沢山実践していただけます。
学びながら健康になる一番人気の講座です。

レッスン1:アロマテラピーと精油の基礎
~香りから広がる豊かな世界~
アロマテラピーとは
精油の基礎
精油を学ぶ
精油がからだに与える影響
実習:ルームコロン作成(2%濃度)

レッスン2:精油の化学の基礎
~アロアテラピーのミクロの世界へ~
植物と動物の代謝のしくみ
精油の化学の基礎
精油を学ぶ
実習:軟膏を作成(1~2%濃度)

レッスン3:アロマでスキンケア1
~美しいお肌のために~
皮膚についての基礎知識
美しいお肌のためにできること
精油を学ぶ
実習:美容オイル(1~2%濃度)

レッスン4:アロマでスキンケア2
~ハーブウォーターでさらりと美肌~
ハーブウォーター
化粧品とは
ハーブウォーターを学ぶ
実習:ハーブウォーターの化粧水
ひとが芳香植物を利用してきた歴史

レッスン5:アロマバスでリラックス
~一日の終わりを心地よく~
リラックスするとは
ー神経系の基本:自律神経を中心にー
沐浴でリラックス
リラックスのためのアロマバス
実習:アロマバスオイル
安全なアロマテラピー実践のために

レッスン6:精油の調香
~オリジナルの自然香水で素敵に香る~
嗅覚について
香りの基礎知識と調香のヒント
調香
オードトワレを作る(5~10%濃度)

レッスン7:毎日を元気に過ごすために
~風邪やインフルエンザの予防~
風邪、インフルエンザからからだを守る
風邪、インフルエンザ予防に対するアロマテラピー
実習:風邪予防&改善のためのジェル(3%濃度)

レッスン8:アロマトリートメント
~やさしい香りと心地よいタッチで癒される~
アロマトリートメント
ストレスとしてのアロマトリートメントの有用性
キャリアとしての植物油
植物油を学ぶ
実習:トリートメントオイルを作り、トリートメントする

レッスン9:スムーズに動けるからだになろう
~痛み、炎症へのアプローチ~
痛み・炎症はから身体のサイン
メタボリックシンドローム
痛みや炎症に対するアロマテラピー
実習:痛み・炎症緩和クリーム(3~5%濃度)

レッスン10:体質改善のための精油
~心身のバランスを整えて~
体質と体質診断
体質診断を精油の選択に生かす
精油と芳香性分類
実習:体質改善に役立てるブレンドオイル(3%濃度)

レッスン11:抗菌アロマテラピー
~精油の抗菌作用で生活環境を整える~
身の回りの微生物
微生物の繁殖を抑制する精油と芳香性分類
ハウスケア:家庭での活用方法を考える
実習:①石鹸 ②抗菌スプレー(3~5%濃度)

レッスン12:女性のためのアロマテラピー
~妊娠、月経トラブル、更年期~
女性ホルモンとからだの働き
ストレス
月経トラブル、更年期に役立つアロマテラピー
妊娠時の精油利用について
実習:ブレンドオイル(3~5%濃度)

アロマ・アドバイザーコースで学ぶ、精油、植物油、ハーブウォーター
精油 40種類
イランイラン
ウインターグリーン
オレガノ
オレンジスイート
カモマイル・ジャーマン
カモマイル・ローマン
クラリセージ
クローブ
サイプレス
サンダルウッド
シナモン・カッシア
ジャスミン
ジュニパー
ゼラニウム・エジプト
ティートゥリー
ネロリ
バジル
パチュリー
パルマローザ
プチグレン
ブラックスプルース
フランキンセンス
ペパーミント
ヘリクリサム
ベルガモット
ホーウッド
マジョラム
ミルラ
ユーカリ・ラディアタ
ユーカリ・レモン
ラヴィンツァラ
ラベンダーアングスティフォリア
ラベンダー・スピカ
レモン
レモングラス
ローズ
ローズマリー・カンファー
ローズマリー・シネオール
ローレル

植物油 6種類
ホホバ油
ファーナス油
ローズヒップ油
アルガン油
カロフィラム油
シアバター

ハーブウォーター 6種類
カモマイル・ジャーマンウォーター
ティートゥリーウォーター
ペパーミントウォーター
ラベンダーウォーター
レモングラスウォーター
ローズウォーター

 

これだけ学ぶと、精油を家庭のお薬箱として、実践として使える知識を身につけることができます♡

実習でこのようなものを作ったり、

理論が頭に入れば、お悩み別のジェルなんかも自分で作れるようになります。

このようなものが作れるようになると、体に何か症状が出たとき、

お薬ではなく、ぱっと精油に手が伸びるようになります(*^-^*)

そして、

資格取得後は、ご自身でこのようなワークショップを開催することもできるようになります。

なんだかいいことばっかり💛

 

 

アロマの仕事をしていると、よく質問を受けることがあるんです。

○○の精油ってどう思いますか?

○○の精油を使ったら、こんなことがあって・・・

ちょっと毒を吐きますが、その精油のメーカーがどうこうという話より、まず一番大事なのは、精油の使用方法です。

私は、信頼してるメーカーがありますので、そこのを使いますが、その信頼しているメーカーの物だとしても使い方を間違えれば、それは体にとって負担となります。

自然=安全

ではありません。

自然の物は、私たちの免疫力を挙げてくれるお手伝いをしてくれますが、

とても良いものでも、それがきちんと解毒されず体に蓄積されれば、体にとっては不要なものとなります。

自然なものを、代替療法として取入れたいと思ったら、まずはきちんと、それを知るっていうことが大事です。

 

病院で出されるお薬には疑問を持つのに、自然の物だったらと、疑いもなしに使用するのは、実は危険なことなんです。

 

極端な例なのですが、病院で風邪薬をだされて、「どうして、この薬が風邪に良いんですか?」

って薬剤師さんに聞いたとき、薬剤師さんが内容成分も知らずに

「風邪にいいって言われてるんですよ~。だから飲んでくださいね♡」って言われたら、不安になりませんか?

 

ほんと、極端なのですが・・・

 

精油には

神経毒性、堕胎作用、皮膚刺激など、まだまだ禁忌事項もたくさんあります。

神経毒性ひとつみたって、本当に注意しなければいけないもの、そこまで毒性のないものもあります。

使用量だって、お薬だって、体重によって量が変わるのに、

子供はこのくらい、大人はこのくらい、とひとくくりにしてしまうのも・・・

 

知ったうえで、自分で納得して選択する。

それが一番大事だと思います。

なので、きちんと知って選択したものであれば、

どこのメーカーの物だって、心地よく使えれば、わたしはそれが一番だと思うんです(*^-^*)

 

精油の原液塗布や飲用の事も、私が今まで勉強して得てきた知識の上で、私なりの意見がありますが、それを公の場で話すことはありません。

それは、きちんと順をおって精油の事を学ばないと、たくさんの誤解をうむからです。

私は、長男が2歳の時にニールズヤードでアロマを学び始めて、それから10年。

たくさんの所で学び、文献もたくさん読んできました。

色んな所で学ぶと、あれ?って思うこともたくさんありましたが、否定から入らず、疑問に思うことは、持ち帰ってとことん調べて、納得するまで、自分の知識として習得するまで時間をかけました。

否定から入ってしまうと、本当は、新しく得るものがあるかもしれないのに、もしかしたら考え違いだったかもしれないのに、それを訂正する機会、新しい知識を習得する機会を、自分で奪ってしまうからです。

今回の、アロマの講座では、自分や家族のために使いたい人にはもちろん、アロマを仕事に取り入れたいという方達に、絶対に困らない知識をお伝えしようと、いつもそれを心がけてます。

グループの募集は終了したのですが、やっぱり学びたかったと言ってくださる方が増えてきて、マンツーマンの方のお申し込みも増えてきています。

私のアロマ講座は、今回受講してくださっている最後の生徒様がテストに合格したら、それで終了させていただきます。

マンツーマンは、その人のペースによって進めていきますので、まだまだ時間がかかる方もいらっしゃいます。

その方々が終了するまでは、マンツーマンのみ随時受付をさせていただいてますので、ご興味がある方は、ぜひ問い合わせをしていただけたら嬉しいです♡

 

現代は、いい意味でも悪い意味でも、物が溢れています。

豊かになったからこそ、失いつつあるものもあります。

そんな現代だからこそ、アロマテラピーは、私たちの心と体のバランスを取り戻してくれる、とっても素晴らしい自然療法だと思うんです。

なので、心地よく生活に取り入れられたらいいですよね。

 

 

 

関連記事

  1. 腸内環境とアロマ♡

  2. 冷えと残留脂肪分にレッドイライト~クレイケア~

  3. 静電気除去スプレーの作り方 ~花粉症対策にもなるんです~

  4. 少しのんびりペースにしようと思ってます(*^-^*)

  5. 自分ではどうしていいか分からない現状を癒してくれるアロマの香…

  6. 衛生面に気を付けながら営業を再開しました♡

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。